お金持ちと貧乏人がしている事の知識がわかれば、お金が貯められる

ミニチュアダックスフンドはしっかり順位付けをしてしつける

ミニチュアダックスフンドは、陽気で遊び好き。活発でやんちゃな性格です。落ち着きある子にする為にも、飼い主さんがしっかりとしつけましょう。

子犬の頃は、毎日たくさんの事を学んでいます。人に対しての信頼感や服従心を養う時期でもあります。家族で飼われるのなら、しつけは家族全員で行います。まずはお父さん、次はお母さん、そして子供たちというふうに、同じしつけをみんなで行いましょう。

家に犬が来た日から、「ハウス」と「トイレ」を教えましょう。ハウスをさせた時、とくに子犬は、不安で夜鳴きをする事もあると思います。そんな時は、一緒に寝るのではなく、ゲージ(キャリーケース)に入れ、人と一緒の部屋においてあげるようにします。

ミニチュアダックスフンドは、飼い主が喜んでいる姿を見るのが嬉しいので、しつけの時は、できたらおおげさに褒めてあげましょう。「おすわり」ができれば、「おて」というふうに、少しずつできる事を増やしていきましょう。

ミニチュアダックスフンドは、やんちゃなので、見ていない時にスリッパをかんだり散らかしたりする事があります。ストレスで物を噛むこともあります。飼い主が怒ると、犬はかまってくれていると勘違いし、逆効果になるので、留守番をさせる時には、部屋で自由にさせないようにしましょう。また、椅子などを噛まないように、苦い味のする”ビターアップル”を塗っておくのも良いでしょう。

しつけをする時に、えさやおやつを使っていますが、肥満が気になります。そんな時は、鶏のささみを湯がいたものでも代用できます。

ペット教室を行ってる所は全国各地にあります。1回だけ受けてみてもいいし、何日か預けてしっかり訓練というのもあります。もし飼い主さんが、しつけ方がわからないとか、教えて欲しいと思われるなら、受けてみてください。

犬と言葉を交わすことはできませんが、しつける事で信頼関係ができ、気持ちがわかるようになります。かわいいからと甘やかすと、飼い主が犬のいいなりになる事もあるでしょう。とくに子供がいる家族で飼うなら、しっかり順位付けをして、しつけるようにしましょう。

ミニチュアダックスフンドを飼う前に

ミニチュアダックスフンドは、もともとアナグマを捕るために改良されてきた犬種です。猟犬としての血が色濃く残っているせいか、吠え易い傾向にあります。
一緒に生活する上で、ある程度のしつけは必要だと思います。例えばあちこちにトイレをしたり、リードを犬がひっぱるような散歩だと、毎日嫌になってしまいますね。
考え方・教え方は人それぞれですが、しつけは、愛犬と信頼しあえる良い関係をつくるために必要だと思います。子犬を飼う前に、飼い主が知識を入れて家族で相談しておきましょう。

鳴いてもかまわない

子犬の頃は、何でも始めてのことばかりで、怖がって鳴くことが多いでしょう。家に始めて来た日も、寂しくてクンクンと鳴くと思います。しかし、鳴いたからと言って出さないようにしましょう。
サークルないは安心できる場所だと言うことを、覚えさせる目的もありますが、
鳴けば要求を聞いてくれる、かまってもらえると勘違いさせないためにも、鳴いても無視するようにしましょう。
犬と一緒の布団で寝ると言う人がいますが、衛生上、しつけ上、おすすめできません。

血統証明書について

ペットショップで血統書付きとか書いてあると思いますが、血統証明書とは何か知っていますか?血統証明書とは、社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)に血統登録された同一犬種の父母によって生まれた子犬にたいして発行されるもので、人間に例えると「戸籍」のようなものです。
純粋犬種は、この血統証明書によって、本犬、両親から祖先まですべて同一の犬種であるということが証明されなければなりません。
犬種によって、それぞれ理想の姿というものを定めています。それを「犬種標準」または、「スタンダード」といいます。犬種の形態や特徴は、はっきり判別できるものでなくてはなりません。
これらの形態や特徴はすべて両親から受け継いだものであり、またその両親も、それぞれの両親から受け継いできたものなのです。それを証明するのが血統証明書なのです。

ミニチュアダックスフンドの飼い方・しつけ方

ミニチュアダックスフンド購入時は、明るい性格で、健康な子を選びましょう。人や犬に寄ってくる子は明るい子と言えます。逆に逃げ回る子は、おとなしく、警戒心が強いと言えます。健康面では、肛門周りの汚れ、耳の臭い。歯のかみ合わせ。目やにや涙の跡が残っていないか等観察しましょう。

犬を飼育するのに、必要な道具について、悩みますね。ペットショップで、スターターセットとして、組み合わせたものを、お店で用意しているところもあります。まずは、寝床であるゲージを置く場所を決めましょう。ゲージは、サイズや機能がいろいろありますので、スペースを測っておくと選ぶ時に助かります。

えさについては、今まで食べていたものを聞いて、同じものをあげましょう。急に変えると、おなかを壊したりする事があるので、かえる時は徐々に様子をみながらにします。ドックフードだけでも悩むほど種類があります。犬種や年齢にあったものを選ぶと良いでしょう。

ミニチュアダックスフンドの被毛は、スムース・ロング・ワイヤーの3種類あります。ロング・ワイヤーは、最低2日に1回程度は、ブラッシングしましょう。シャンプーは、月に1~2回程。毎週すると、皮膚炎になったりするので、洗いすぎには気をつけましょう。

ミニチュアダックスフンドは運動量が多いので、散歩は毎日行いましょう。運動不足になると、肥満になったり、ヘルニアになりやすいので、散歩は必然です。他の犬ともすぐ仲良くなれるので、楽しい散歩になると思います。

犬が家に来ると決まれば、道具などを準備しましょう。まずは寝る所。家に始めてきた日は、安心して休める場所が必要です。できればゲージを用意しましょう。クッションなどあると良いです。それから、すぐトレーニングするためにも、トイレの準備を。えさやえさ皿、首輪にリード等、最低でも2万は予算をみておきましょう。

かかりつけの病院を決めてきましょう。病気や怪我をしなくても、ワクチン注射やフィアリアの薬等が必要なので、年に2~3回病院に行く事があります。近くて、相談しやすい病院が良いですね。

動物病院にいくと、支払い金額に驚きます。突然の病気や怪我の時の為に、保険もあります。犬の種類や年齢でも保険料は違いますが、支払われる補償額%別でも保険料は違います。取り扱っている会社も増え、内容もさまざま。ネットで資料請求もできるので、比べてみてください。

ミニチュアダックスフンドは、陽気で活発。遊びが大好きで、すぐに懐いてくれます。利口なので、しつけもできるので、トイレトレーニングは来た日から始めましょう。飼い主が甘やかさないで、しっかりとしつけましょう。

ミニチュアダックスフンドのしつけ

ミニチュアダックスフンドはドイツ出身の犬種です。
ミニチュアダックスフンドはアナグマを捕るために、胴は長く、脚は短く改良された犬種です。
そこから、名前をドイツ語でダックスは「アナグマ」、フントは「犬」という意味でつけられたわけですね。
好奇心旺盛で活発な犬種なので、ほったらかしにすると問題行動を起こす心配があります。
子犬の頃は、とくに犬の噛み癖について注意しましょう。
おもちゃは犬専用の物を与えましょう。
また、無駄吠えさせないように、散歩に出たりして、社会性を身につけさせていきましょう。

無駄吠えをなくすために

無駄吠えをする犬をみかけたことはありませんか?散歩をしていてであった犬にやたらと吠えまくったり・・・。家でも、人が来ると何もしていないのに、吠えている犬もいますね。近くに行くとかまれそうなぐらい・・・。
原因としては、犬は怖がっているので吠えるのです。社会性があまりできていないと言えます。小さいときから、いろんな物・音・臭いに慣れさせていけば、それほど怖がったり驚いたりしないものです。
加えて、飼い主が驚かすような行為をしないこと。来客のピンポンがなったからと、大きな声をだしたり、ばたばたしたりしないで、いつものようにしてあげれば良いのです。
子犬の頃のしつけや経験は大切です。しっかり飼い主さんが教えてあげましょう!