お金持ちと貧乏人がしている事の知識がわかれば、お金が貯められる

ミニチュアダックスフンドの飼い方・しつけ方

ミニチュアダックスフンド購入時は、明るい性格で、健康な子を選びましょう。人や犬に寄ってくる子は明るい子と言えます。逆に逃げ回る子は、おとなしく、警戒心が強いと言えます。健康面では、肛門周りの汚れ、耳の臭い。歯のかみ合わせ。目やにや涙の跡が残っていないか等観察しましょう。

犬を飼育するのに、必要な道具について、悩みますね。ペットショップで、スターターセットとして、組み合わせたものを、お店で用意しているところもあります。まずは、寝床であるゲージを置く場所を決めましょう。ゲージは、サイズや機能がいろいろありますので、スペースを測っておくと選ぶ時に助かります。

えさについては、今まで食べていたものを聞いて、同じものをあげましょう。急に変えると、おなかを壊したりする事があるので、かえる時は徐々に様子をみながらにします。ドックフードだけでも悩むほど種類があります。犬種や年齢にあったものを選ぶと良いでしょう。

ミニチュアダックスフンドの被毛は、スムース・ロング・ワイヤーの3種類あります。ロング・ワイヤーは、最低2日に1回程度は、ブラッシングしましょう。シャンプーは、月に1~2回程。毎週すると、皮膚炎になったりするので、洗いすぎには気をつけましょう。

ミニチュアダックスフンドは運動量が多いので、散歩は毎日行いましょう。運動不足になると、肥満になったり、ヘルニアになりやすいので、散歩は必然です。他の犬ともすぐ仲良くなれるので、楽しい散歩になると思います。

犬が家に来ると決まれば、道具などを準備しましょう。まずは寝る所。家に始めてきた日は、安心して休める場所が必要です。できればゲージを用意しましょう。クッションなどあると良いです。それから、すぐトレーニングするためにも、トイレの準備を。えさやえさ皿、首輪にリード等、最低でも2万は予算をみておきましょう。

かかりつけの病院を決めてきましょう。病気や怪我をしなくても、ワクチン注射やフィアリアの薬等が必要なので、年に2~3回病院に行く事があります。近くて、相談しやすい病院が良いですね。

動物病院にいくと、支払い金額に驚きます。突然の病気や怪我の時の為に、保険もあります。犬の種類や年齢でも保険料は違いますが、支払われる補償額%別でも保険料は違います。取り扱っている会社も増え、内容もさまざま。ネットで資料請求もできるので、比べてみてください。

ミニチュアダックスフンドは、陽気で活発。遊びが大好きで、すぐに懐いてくれます。利口なので、しつけもできるので、トイレトレーニングは来た日から始めましょう。飼い主が甘やかさないで、しっかりとしつけましょう。

血統証明書について
Previous post
ミニチュアダックスフンドのしつけ
Next post